DIESELのリンクといえば

DIESELのリンクといえば

ミツバチが、花粉などと自分の唾液と相共にかみ続けて作りだすロウ状の物がプロポリスで、プロポリスサプリメントはそこから生みだされます。

自然界にある材料だけでプロポリスは生みだされております。

プロポリスを作りだすには、ミツバチの唾液に入っているエンザイムと、ミツバチのねぐらから採る蜂蝋を混ぜ合わせるという順序が必要なのです。


ミツバチはプロポリスをねぐらの壁に塗ることで、腐敗や菌の危険からねぐらの内部をまもっていると伝わっています。

プロポリスが余計な手が加えられていない抗生剤と呼んでいるのは、ねぐらへの腐敗抑止、菌我慢影響からも感じ取れるように、抗酸化作用、抗菌作用、抗ウイルス作用があるからです。

プロポリスの活用技術はサプリメントだけもさることながら、その抗菌性などによってはみがき粉や消臭油にもなり、数々な局面で利用されております。

ミツバチが取り集めてくる花粉や樹木の葉、そのうえミツバチの生成物によってプロポリスサプリメントは生みだされます。


ミツバチのひろうターゲットとなる植物のタイプや、その場の気候シチュエイションによるミツバチの特質などに物は薫陶を受け、地域差となって表れるようです。

とは言っても、大切な営養が全くちがうということはありません。

プロポリスは色々な営養物がおもいきりおおく含まれています。

ビタミンや数々のミネラル、脂肪酸、アミノ酸、フラボノイドなどです。

ブラジルのミツバチから作りだすプロポリスは、はなはだいいものとして認知されております。

サプリメントを択び取るケースは、ブラジルの原生林に生きているミツバチの作りだすプロポリスがイチオシです。

2013年3月29日|