毛布ったら

毛布ったら

DIETおつけの実際の調理方法を紹介しますので、なにがなんでもこれを元にDIETおつけを形作ってみましょう。


材料として、玉ねぎ 大3個、キャベツ1/2個、セロリ 1/2~1本、ピーマン 大1個を準備し、それぞれを一口大に切断しておきましょう。

大きな鍋に野菜とチキンおつけの素を1個、ホールトマト1缶を付け加え、ミネラルウォーターを加えたところで10分程度うでて、あとは嗜好に従って炊くだけです。

食味付けに塩コショウを付け加え、仮に好みならカレーパウダーやチリソースを付け加えて食味を合わせればDIETおつけが出来上がります。


DIETおつけは7日間の予定の中であつかうもので、初日はおつけとくだものの日です。

摂食するくだものはバナナを除外して凡てのくだものがOKで、水分はミネラルウォーターか100%果汁のジュースです。

次の日はおつけと野菜のみを摂食する日で、野菜の調理方法は油をあつかうものでなければ何でも結構で、野菜のタイプも、豆やスイートコーンを除外すれば何でも許容範囲です。

3日目にはおつけ、くだもの、そのうえ野菜を摂取しますが、DIETおつけ、野菜、くだものどれも好きな量を食することができます。

4日目にはおつけ、バナナ、その上スキムミルクを摂取しますが、バナナは3本摂食するようにし、ミネラルウォーターをたっぷりと飲むのですが、スキムミルクは適量を500CCのミネラルウォーターで融かすようにして飲みます。

5日目は、おつけと食肉とトマトの日で、豚肉ないし皮なしの鶏肉ないし煮魚を350~700g、トマトは6個迄摂取して許容範囲です。

6日目には、おつけと牛肉、ならびに野菜を摂食するのですが、牛肉も野菜も自重なく飲食できて、1杯DIETおつけを飲みます。

最後の日には、野菜と玄米、くだもの果汁をとるのですが、野菜、玄米、100%のくだもの果汁を摂取し、DIETおつけは1杯飲むようにします。

2013年5月27日|